一般社団法人近江八幡青年会議所 2021年度

広報委員会 基本方針

 

委員長 安倍 彰円

 


SNSの発達で誰もが簡単に情報の発信を行うことが可能となり、流れてくる情報が増え、私たちの行う運動や活動をより多くの人に伝える工夫をしなければなりません。情報を発信する既存の媒体を活用しながら、時代に即したツールを用いた効果的な発信で私たちと地域を繋ぎ、私たちが行う運動の魅力を伝播します。私たち一人ひとりが日々の活動に誇りをもち、地域の人びとから愛され賛同される組織となる広報活動が必要不可欠です。

まずは、地域の人びとからより愛される組織となるために、まちの魅力を地域の人びととともに発信できる仕組みを取り入れたHPを運営し、SNSと連動し発信することで、私たちの認知度向上を図ります。そして、私たちの存在意義を高めるために、55年の歩みをまとめた「ひろば」を発行することで、先輩諸兄から承継した想いを地域に届けます。さらに、組織の事業理解を底上げするために、わかりやすい「はばたき」を発信することで、情報共有を行います。また、地域と今後も良い関係を築くために、私たちと地域の魅力を新たな手法を用い発信することで、地域の人びとに私たちの想いを伝播します。そして、人びとからより賛同される組織となるために、地域を担う方々に私たちの魅力を伝えることで、私たちの運動に対する共感を生み、同じ志をもつ仲間になる礎を築きます。さらに、日々の活動への意識向上のために、滋賀ブロック協議会の運動を理解することで、視野の拡大を図ります。また、卒業生の方々に今後も私たちを愛していただくために、一人ひとりがJAYCEEとしての誇りを確認し共有することで、一層の結束を高めます。

 私たちの想いをより広く届ける広報活動が私たちと地域を繋ぐ架け橋となり、これまで以上に地域の人びとに愛される「近江八幡JCブランド」を確立します。そして、地域のリーダーとして率先して行動し、強い信念と熱い想いをもって明るい未来を切り拓きます。

 

<事業計画>

〇5月例会(新たな広報手法に関する例会)

〇9月移動例会(滋賀ブロック大会に関する移動例会)

〇12月例会(2021年度活動報告および卒業生を送る例会)

〇会員拡大活動

〇HP運営・管理

〇定期的な「ひろば」発信、過去の「ひろば」の取りまとめ

〇会員広報誌「はばたき」の作成・発信

 

〇異業種交流会